• 学校で留学するメリット

    留学をするメリットは、語学はもちろんのこと、海外の文化や経済、学術面などを肌で感じ取ることができることです。
    もし将来海外に出て働きたいというときに留学経験があれば、大きなアピールポイントになります。



    2011年までは海外留学の人数は減り続けていましたが、最近では政府が2013年の10月から留学促進のキャンペーンを始めており、大学生や高校生が今まで以上に海外に出やすい環境を整え始めています。

    奨学金も支援策として検討されています。

    そういうプロジェクトもありますし、さらに海外に出て行くお手伝いをしている留学エージェントもあります。
    語学力が大きな壁になると考える人が多いですが、語学力は大きな問題ではありません。


    学校の場合はいきなり現地に行くのではなく、希望者向けに英語の授業が設けられて、数週間〜数ヶ月かけて英語の環境に慣れてから現地の授業に入るように考慮されています。受け入れに積極的な学校だと、語学以外に困ったことを相談できるカウンセラーも用意しています。



    全体のケアが整えられていれば、不安なく語学力を伸ばしていくことができます。


    むしろ、学校の英語の学力が高い人のほうが伸びにくいと言われています。

    産経デジタルに関する良い情報をご紹介するサイトです。

    英語がわかるという自負があるだけに、現地での英語がわからないとプライドを傷つけられた気持ちになって立ち直れなくなるからです。

    変にプライドが邪魔してしまうことは、海外で語学力を伸ばすのをかえって邪魔してしまうということです。