• 英語力を伸ばすための留学

    日本人は、中高あわせて6年間、大学も含めると10年間は英語を勉強しています。


    最近では小学校でも英語教育を行うので、それも含めれば12年近く英語教育を受けていることになります。

    しかし、留学などをせずに学校で英語を習ってきただけでは、ほとんど英語をスムーズに使うことはできません。

    YOMIURI ONLINEなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

    なぜこのようなことが起こるかというと、語学力は勉強ではなく反復練習でしか身につかないからです。英語を聞いてすぐにわかるレベルになるには、何度も繰り返し大量の英語を耳で聴くしかありません。うまく話せるようになるには量を話すしかありません。

    「聴くだけで英語ペラペラ」という教材はそこかしこにありますが、実際にこれだけで英語がペラペラになるケースは稀です。
    留学すると、現地でどうしても英語を話さなければいけない状態になったり、まわりに自分の思いを伝えたくなったり、という反復練習をせざるを得ない状況に追い込まれます。


    日本人はリーディングはある程度できるけれども、スピーキングの能力は低いということが英語力を測る世界的なテストでも示唆されています。
    グローバル化が進んで行く中では、日本人の英語力の低さは足を引っ張ってしまいます。

    留学の特徴についてをいくつか紹介しています。

    これを回避するには、積極的に留学をして無理矢理にでも英語力を身につけることが必要です。海外で実地練習することで、日本で教育を受けて英語を勉強するよりも、よりスピーディに英語を聴いて話せる力を身につけることができるでしょう。